【陸王】は実話?モデルとされる企業はどこ!?

10月15日からスタートした、役所広司さん主演の日曜ドラマ「陸王」

途中、国政選挙で中断したものの、14.0%の安定した視聴率をキープしています

今回はドラマ「陸王」は実話なのか?ドラマ「陸王」のモデルとされる企業はどこなのか?についてまとめました。

他にも「陸王」の見どころ、「陸王」に関するSNS上の声もご紹介いたします。どうぞ最後まで陸王をはいて走り抜けてください♪

「陸王」基本情報

TBS 日曜よる9時(第3話15分拡大)

原作:池井戸潤「陸王」

脚本:八津弘幸

キャスト:役所広司、山﨑賢人、竹内涼真、風間俊介、寺尾聰ほか

ナレーション:八木亜希子

足袋協力:きねや足袋

強力:埼玉県行田市

ドラマ「陸王」は、老舗足袋会社・こはぜ屋が舞台。時代とともに衰退していく足袋。その足袋を、形を変えて次世代に残したい社長の宮沢が、ランニング業界に飛び込む物語。

八木亜希子さんのナレーションと共に、足袋や、ランニングシューズが誕生するまでの過程が丁寧に、そして熱く描かれたドラマ。

「陸王」を見ると、私たちの足を守ってくれているシューズに対して、感謝の気持ちが自然に湧いてくることでしょう。

「陸王」あらすじ

こはぜ屋は100年続く足袋メーカー。時代と共に、足袋の需要はなくなり、社長の宮沢紘一(役所広司)は会社存続の危機にさらされる。

新規事業を立ち上げることで、この危機を乗り越えようと考えた宮沢。足袋の良さをそのまま生かしたランニング足袋を提案することに。

アイデアそのものは素晴らしいものの、零細企業のこはぜ屋にとって、ここからが苦難の道のりだった。

ランニング業界にとって新参者はご法度。簡単には足を踏み入れさせてもらえない。加えて、資金繰り、人材、開発力など様々な難題が宮沢、そしてこはぜ屋を襲う。

だが宮沢は決してあきらめない、何故なら宮沢は、こはぜ屋を支えている社員たちの人生、そしてこはぜ屋の歴史そのものを背負っているからだ…!

果たしてこはぜ屋の未来はどうなる!?宮沢紘一は巨大なランニング業界にどう立ち向かうのか!?

プチ感想(*^-^*)

「陸王」は、もっと頑張ろう!もっといろんなことに挑戦しよう!そんな風に思わせてくれるメッセージドラマですね。

頑張ることが恥ずかしい、何を頑張ったらいいのかわからない、そんな風に思う現代人へ熱いエールを贈ってくれます。

日曜ドラマというところもポイントですね!日本全体に活力を与えてくれる「陸王」といっしょに年末まで完走したくなりました♪

★「陸王」第2話ダイジェスト&第3話予告動画
↓↓↓

「陸王」は実話?モデルとされる企業はどこ!?

「陸王」はフィクションにしては深すぎるドラマと言われ、「実話があるのでは?」と噂されています。実話はあるのか?そしてモデルとされている企業についてまとめました。

「陸王」モデルとされる企業はきねや足袋!

「陸王」のモデルとされている企業は、埼玉県行田市にある、きねや足袋です。「陸王」の足袋協力をしている企業でもあります。

【きねや足袋の歴史】

1929年 中澤政雪が足袋づくりを始める

1949年 初代中澤武男が行田市にて、中澤足袋有限会社を設立

1966年 きねや足袋株式会社に改名

1970年 セミオーダー足袋の製造開始

1990年 2代目中澤憲二が代表取締役に就任

2013年 ランニング足袋きねや無敵を発売

2014年 3代目中澤貴之が代表取締役に就任

家族経営であること、零細企業であること、足袋を活かしたランニングシューズ開発など、ドラマ「陸王」のこはぜ屋と共通する点が多いですね。

きねや足袋は、ドラマ「陸王」こはぜ屋のモデル企業なのでしょうか!?

「陸王」モデル企業とされるきねや足袋は否定!?

きねや足袋は、「陸王」のモデル企業と強く噂されているのですが…、どうやら違うようです。

きねや足袋のホームページ(10月17日分)にて、以下の文が更新されました。

《皆様へのお知らせ》

小説及び2017年10月15日放送開始のドラマ「陸王」に登場する足袋シューズは、弊社きねや足袋の“ランニング足袋きねや無敵”をモデルとしたものではありません。

ドラマには足袋協力はしていますが、モデル企業、原作となる企業ではないと否定されています。なんだか拍子抜けしちゃいました(*^-^*)

「陸王」原作者の池井戸潤氏も否定!?

そして、「陸王」の原作者の池井戸潤氏も否定されています。

作家・池井戸潤氏の個人事務所のツイッター

池井戸潤氏は、きねや足袋を取材したものの、きねや足袋を原作として「陸王」を描いたわけではないのですね。

きねや足袋、池井戸潤氏が否定する理由は?

きねや足袋、池井戸潤氏が「陸王」の実話ではないと否定する理由は何なのでしょうか?

なんとなくですが…きねや足袋さんにも、池井戸潤氏にもそれぞれプライドがあるのでしょう。きねや足袋として今まで世の中に貢献してきた歴史をドラマ化されるのは、企業の美学に合わないのかもしれません。

そして池井戸潤氏にとっても、企業を取材して、自分でいちから物語をつくりあげることに作家としての強いこだわりとプライドがあるのでしょう。

きねや足袋さん、池井戸潤氏の両方に、モノづくりとしての高い志や日本人の中に根付いている誇りを感じ、胸が熱くなりました♪

「陸王」見どころは?

「陸王」の見どころを自由にまとめました!

えぐい銀行の裏側

池井戸潤氏が元銀行員ということで、池井戸潤氏の作品にはたびたび銀行が登場します。そして銀行マンが怖いのなんのって…!

ここまで描いていいのか?ここまで暴露していいのか?と言う声も多いようですが、えぐい銀行の裏側がドラマの見どころになっています。

2013年のドラマ「半沢直樹」で、「銀行は晴れている日に傘を差しだし、雨の日に傘を取り上げる」という突き刺さるセリフがあり、今でも記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。銀行と闘う零細企業という形も見どころですね。

暑苦しい昭和の男、宮沢紘一!

https://www.instagram.com/p/BZli-IjAaC9/?taken-by=rikuoh.tbs

今どき珍しいくらいの暑苦しい昭和の男、宮沢紘一が見どころです。スマートで淡々とこなす社長ではなく、自分から泥水をかぶることができる社長。ここが魅力なんですよね。

頑張ることが恥ずかしいという風潮もある現代ですが…宮沢紘一は、時にはがむしゃらに生きる必要性もあることを伝えてくれます。

今後どんなメッセージがあるのか、宮沢紘一から目が離せません♪

実力派俳優への仲間入りを懸けた山﨑賢人&竹内涼真

骨太で、叩き上げでのし上がっていく男のドラマ「陸王」

出演している山﨑賢人さん、竹内涼真さんにとって、実力派俳優への仲間入りを懸けたドラマだと期待されています。

山﨑賢人さんも竹内涼真さんも、「カッコいい」と言われ、若い世代に人気はありますが、芸能界ではそれ以上の賞賛を得られないと生き残れない厳しい世界。

2人のドラマでの演技力の向上が、これからの俳優人生を左右すると言われています。だからでしょうか、2人ともすごい気迫ですよね。

ベテラン俳優・役所広司さん相手に、果敢に挑む山﨑賢人さん、竹内涼真さんの演技を最後まで見守りたいですね。

「陸王」に関するSNS上の声は?

「陸王」に関するSNS上の声を一部ご紹介します。

https://twitter.com/hirocchiii/status/924625442920734720

https://twitter.com/121_runa/status/924633514078695424

竹内涼真さんの演技がすごくいいですよねぇ♪いろいろプライベートでは騒がれていましたが、演技で黙らせる力がありそう♪のびしろが無限大で、期待されます(^◇^)

この記事のまとめ

「陸王」は実話?モデルとされる企業はどこ!?の記事はいかがでしたか?

きねや足袋が、「陸王」のモデル企業ではない、「陸王」の実話ではないことがはっきりして、なんだかすっきりしました♪

「陸王」でモノづくりの原点を目で見て肌で感じながら、ドラマと一緒に熱く突っ走っていきましょう(^◇^)

以上、

【陸王】は実話?モデルとされる企業はどこ!?

をお伝えしました。