米倉涼子の離婚原因は?元旦那がヤバイ人といわれる理由は?

ドラマ「ドクターx~外科医・大門未知子~」の第5シーズンが決まり、女優業も順風満帆な米倉涼子さん。

一方で私生活では電撃結婚からのまさかのスピード離婚と、世間をざわつかせていた事が記憶に新しいです。

その後の報道もうやむやに、何事もなかったかのようなかたちになってしまっていますが「いったいあれは何だったの?」と気になっている方も多いはず。

そこで今回は米倉涼子さんは何が原因で離婚されたのか、噂される元旦那が“ヤバイ人”といわれる理由について詳しく見ていきたいと思います。

米倉涼子はたった1日で夫婦生活が破綻!

米倉涼子さんの結婚報道があったのは、2014年12月26日。2歳年下の一般男性と結婚されたことを所属事務所を通じて発表されました。

この年に放送されたドラマ「ドクターx」第3シリーズの最終話の番組平均視聴率が、今シーズン最高を更新するなど仕事にプライベートにと充実した年になりお茶の間も祝福ムードに包まれました。

しかし、そんなおめでたいニュースから3ヶ月。2015年3月には早くも米倉涼子さんに別居報道が!離婚に向けての協議が行われているとの情報が流れたのです。

8月にはハワイでの挙式を計画されていたようですが、もちろん白紙に。2016年12月30日に協議離婚が成立し、離婚となりました。

実質の結婚期間は2年となっていますが、周囲が明かした情報によりますと結婚後すぐに夫婦生活は破綻していたよう。

新生活をスタートさせてすぐに、すれ違いが生じたとのことで結婚生活はなんとたった1日だったとまでいわれていました。

米倉涼子の離婚原因は?

では、米倉涼子さんがスピード離婚となったのにはどういった原因があったのでしょうか。

離婚原因はどうやら元旦那の『あること』が決定的となったようです。

元旦那のモラハラが原因?


米倉涼子さんの離婚原因には元旦那によるモラハラがあったのではといわれています。モラハラとは“モラルハラスメント”の略語で、精神的な言動や暴力で相手を傷つける行為。

近年の日本でも、多くの夫婦がこのモラハラを離婚原因に挙げられており世間での関心も高まっていますね。

DVとは違い、被害に遭っていても「まさかうちに限って」と気づかないケースもあるだけに、モラハラはなかなか深刻な問題なんです。

米倉涼子さんの元旦那はどのようなモラハラで離婚へと追い詰めることになったのでしょうか。

結婚は米倉涼子のイチかバチかの賭けだった?


入籍前からふたりは米倉涼子さんのマンションで同棲していたのですが、実は結婚前から元旦那のモラハラはあったようです。

ふたりきりの時だけでなく、知人の前でも米倉涼子さんの人格を否定するような言動があったとの証言がありました。

結婚を意識し始めた米倉涼子さんは、やはりそんな元旦那の態度に悩んだようなのですが「結婚すれば上手くいくかも。」「彼も変わるはず。」と賭けのような部分もあったそう。

しかし、米倉涼子さんの思惑は見事に外れ直るどころか元旦那のモラハラは酷くなるばかり。

結婚後には、自分のビジネスの現場に米倉涼子さんを付き添わせいわゆる“接待要員”として同行させたようなんです。

これは女優としてもプライドが傷つくだけでなく、米倉涼子さんの所属事務所にも迷惑を与えかねないですよね。

このことが決定打となったのかは定かではありませんが、米倉涼子さんは元旦那に見切りをつけて離婚するに至ったのだと思われます。

米倉涼子の元旦那ってどんな人?


そんなモラハラ疑惑のある、米倉涼子さんの元旦那とはどのような人物なのでしょうか。

一般人ということで、米倉涼子さんは口を固く閉ざし元旦那のことも離婚原因のことも多くを語っていません。

しかし結婚する前からたびたび、米倉涼子さんと元旦那が一緒にいるところを週刊誌によりスクープされていました。

2012年には女性セブン、2013年にはフライデー、2014年に週刊文春で元旦那との熱愛報道があったのです。

米倉涼子さんの元旦那は2001年にリクルートに契約社員として入社した後、業績を評価され正社員になります。

入社5年目にはクーポンマガジン「ホットペッパー」の編集長に抜擢されるなど、会社での評価も高い人材だったようです。

そして2012年に独立し、『株式会社ライフノート』を設立。「ホットペッパー」の業務委託を受けるかたちで事業を展開しています。

独立して間もないころは資金に乏しかったようで、交際中だった米倉涼子さんから「一緒に暮らして浮いたお金を資金に回しては」と提案を受け同棲に至ったと言われています。

いまでは年商2億だった会社も年商10億にまで成長しているということでなかなかなエリート社長のようですね。

結婚当初は「年下のイケメン社長」と大きく報道されていましたので、まさかモラハラが原因でスピード離婚となるなんてまったく想像がつきませんでした。

米倉涼子の元旦那がヤバイ人といわれる理由は?

仕事ではやり手の社長との評価がありますが、米倉涼子さんの結婚相手としては“ヤバイ人”との印象を与えている元旦那。

いったい彼のどのような人格が“ヤバイ人”といわれているのでしょうか。

洗脳が“ヤバイ人”だった元旦那


元旦那と交際をスタートさせた直後から、米倉涼子さんには変化が表れたようです。

これまでの交友関係を狭め、親しかった友人たちと距離を置くようになった米倉涼子さん。どうやらこれは元旦那が関係しているといいます。

米倉涼子さんの友人たちのことを「常識がない」と小馬鹿にし、米倉さん自身に対しても否定するような言い回しで責めるのです。

そして自分の言葉がすべて正しいように諭す。まさにこれは相手を洗脳するやり口ですね。

元旦那は営業に長けた人物ですので、相手を言いくるめる話術はお手の物ではないでしょうか。

ましてや元旦那に信頼を置いている米倉涼子さんなら、簡単に洗脳してしまいそうですね。

元旦那はどうやら恋人を洗脳してしまうほどのヤバイ人だったようです。

独占欲も“ヤバイ人”レベルの元旦那


元旦那は米倉涼子さんに対しての束縛もかなりヤバイ人だったようで、以前の交際相手である市川海老蔵さんのことでもしばしば言い争いとなったそうです。

そんな過去の交際のことまで持ち出されてはたまったものではありません。それほどまでに元旦那は米倉涼子さんのことを独占したかったのでしょうか。

さらには門限を決めて時間までに必ず帰宅するように命令調で言いつけたり、お酒に酔って帰った米倉涼子さんに激怒したり。

これでは楽しいお酒の席も台無しです。しかし、米倉涼子さんは元旦那の門限時間に帰宅するよう心がけ酔いを醒ましてから帰るなど気をつけていたよう。

健気に元旦那を気遣う米倉涼子さんに胸が痛みますね。これもやはり元旦那による洗脳が彼女をそのようにさせたのでしょうか。

まとめ


米倉涼子さんの離婚原因や、元旦那がヤバイ人といわれる理由について検証してきましたがいかがでしたか。

米倉涼子さんが元旦那との離婚原因を明かさないのは彼が一般人であるということと、離婚協議の際に公表しないことを約束したからなんだそう。

双方に慰謝料なども発生していないということで、米倉涼子さんはただただ元旦那からのモラハラからの解放を望んだのでしょう。

離婚直後はやはり精神的にもダメージが強く、痛々しく見えるときもあり心配しましたが時間が彼女の心を癒したのか吹っ切れた笑顔が見られるようになりましたね。

新たに放送されるドラマを通じて、元気で一本気の通った米倉涼子さんの演技を見れることを楽しみにしたいです。

以上、

米倉涼子の離婚原因は?元旦那がヤバイ人といわれる理由は?

をお伝えしました。