【明日の約束】キャスト相関図と原作、あらすじをいちはやくお届け!女優・井上真央が帰ってくる!

女優・井上真央が帰ってくる♪

10月期スタートの火曜ドラマ「明日の約束」で井上真央さんが主演を務めることが明らかになりました。

2015年NHK大河ドラマ2「花燃ゆ」から約1年9カ月ぶりとなるドラマ。様々なうわさがささやかれましたが…、どんな井上真央を魅せてくれるのか、大きな期待が寄せられています♪

今回はドラマ『明日の約束』のキャスト、相関図、あらすじ、原作をいちはやくお届けしたいと思います。

また、『明日の約束』の見どころ、豆知識、ネット上の声などもまとめていますので、最後までお付き合いくださいませ♪

明日の約束の基本情報

明日の約束はフジテレビの2017年10月期放送、火曜9時枠のドラマになります。

火曜9時枠のドラマといえば、『嘘の戦争』『CRISIS』『僕たちがやりました』など話題になった作品ばかり。さらに井上真央ちゃんと仲間由紀恵さんが重要役となると、そうとう視聴率もよくなりそうですね。

原作:「モンスターマザー長野・丸子実業【いじめ自殺事件】教師たちの闘い」
原作者:福田ますみ

「明日の約束」は、上記のノンフィクション作品を原作としたドラマで、日本のマスコミ報道の在り方について疑問を投げかける内容となっています。

いじめを苦に自殺した男子高校生の母親から、学校側が責任を全面的に押し付けられ訴えられますが、男子生徒が自殺した原因は、いじめではなく、ネグレクトの母親にあった…という衝撃的な結末を迎えます。

最近でも、ある新聞社が、埼玉県のある小学校教師が児童に「窓から飛び降りろ」と言ったと報道したことで世間を騒がせましたね。

しかし別の新聞社の報道で、児童側に問題があり、教師は一生懸命対応していたことが明らかになりました。

今日本では、報道の在り方が問われています。一部分だけを切り取って報道すると、多くの視聴者に誤解を与えてしまいます。

「明日の約束」は、マスコミの報道の在り方、報道の受け取り方についても深く考えさせるドラマとなるでしょう。

明日の約束の放送予定日

1話の放送は10月17日(火)になります。

>>明日の約束の原作をネタバレ!!最終回の結末はドラマと一緒?

明日の約束のあらすじ

12月のある日、男子高校生が自宅で自殺した。遺書には「お母さんがねたので死にます」という内容だった。

男子生徒は、幼い頃から生涯を抱えており、うまく声を出すことができなかった。このことで部活の先輩にからかわれたり、殴られたりしていたため、不登校になり、自殺に至った…。

男子生徒の母親はそう信じて疑わず、部員、その両親、学校長、そして学校を管轄していた県を相手取り、多額の損害賠償を求めて提訴。

多くのマスコミは母親のコメントのみを信じ、大々的に報道。学校側は日本中から非難されることに。

しかし、調べていくと、母親のモンスターペアレントぶりが明らかに。逆に、母親が訴えられる結末に。男子生徒の自殺の原因は母親にあったのだ…。

プチ感想|д゚)

今の日本の闇を如実に表した内容で、衝撃が走りました。このドラマ、絶対ヒットするはず!なんだか「砂の塔」「リバース」を彷彿させる内容で、大どんでん返しの結末が予想されます。

何が人間のモラルを奪うのか?何が人間を追い詰めるのか?毎回疑問を投げかけるドラマとなりそうです。

>>【明日の約束】原作は実話事件!その事件の内容とは!?

「明日の約束」相関図

「明日の約束」相関図を見ていきましょう。

敵は少ないのに、なぜか強く見えてしまう…。マスコミを味方につけると、強くなるのは人間の性なのでしょうか( 一一)

明日の約束のキャストを画像付きで紹介!!

明日の約束のキャストを画像付きで紹介していきます。

明日の約束キャスト:井上真央

役:藍沢日向(あいざわひなた)

高校のスクールカウンセラー。自殺した吉岡圭吾のカウンセリングを担当する。

吉岡圭吾同様に、日向自身も親との関係で苦しんできたため、吉岡真紀子の毒親を察知する。

男子生徒の母親から追い詰められながらも、真実を追い求め闘う強いカウンセラー役となりそうです。

【井上真央さんについて】

1987年1月9日生まれ、30歳。

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」以来のドラマ出演となり、注目を集めています。

長らく休業していたため、大河ドラマの低視聴率の責任か?事務所移籍の問題か?噂のアイドルとの結婚か?と報じられましたが…結婚はまだのようですね。

事務所移籍のトラブルはあったようですが、今は解決している模様。日本中を敵にしながらも、真実を明らかにするために闘う教師役に期待したいですね♪

明日の約束キャスト:仲間由紀恵

役:吉岡真紀子(よしおかまきこ)

自殺した男子生徒・吉岡圭吾の母親。いわゆるモンスターペアレント症候群。

原作では虚言壁があり、育児放棄をしていた母親。マスコミを味方につけ、被害者として生きていく狡猾な母親となりそうです。

【仲間由紀恵さんについて】

1979年10月30日生まれ、37歳。

コミカルな役から冷酷な役まで幅広くこなす、日本を代表する美人女優。

アジアンビューティーな美貌を持つため、意地悪で冷たい役が怖いくらいにハマる。

今回の「明日の約束」では、2011年「美しい隣人」、2013年「サキ」のようなサイコ美人が見られそう!

実はですね、まだ仲間由紀恵さんはオファーの返事待ちという話があります。まだ出演が確定していないのですね。でもきっと…YES!じゃないかなぁ|д゚)

明日の約束キャスト:工藤阿須加

役:本庄和彦(ほんじょうかずひこ)

日向の恋人でサラリーマン。好青年で日向を支える優しい存在。

日向と同じように複雑な家庭環境を抱えており、誰にも言えない家族の悩みを抱えている。

【工藤阿須加さんについて】

1991年8月1日生まれ、26歳。

さわやかな雰囲気が大きな武器の工藤阿須加さん。「家売るオンナ」でもポカーンとした表情がよかったですね。現在放送中の「カンナさーん!」でも先生役が好評です♪

好青年から少し陰のある役に挑戦する時期でもあるので…「明日の約束」の教師役が楽しみです。

明日の約束キャスト:新川優愛

役:大宮奈緒(おおみやなお)

高校の臨時教員。あまり責任感を持っていない腰掛的教員。日向を頼りにしており、何かと相談ごとを持ち掛ける。

【新川優愛さんについて】

1993年12月28日生まれ、23歳。

モデル出身ながら、ひょうひょうとした演技で魅了する新川優愛さん。

2015年「銭の戦争」でも腰掛風だけど、仕事はしっかりするちゃっかりした役が見事でした♪

明日の約束キャスト:及川光博

役・霧島直樹(きりしまなおき)

吉岡圭吾の担任。

真摯な姿勢で生徒と向き合うよき教師。生徒、保護者、そして日向からの信頼が厚い。

吉岡の自殺後は日向とともに真相解明に尽力する、日向の【相棒】的存在!

相棒ファンにはたまりませんね♪相棒を卒業したあとは、「明日の約束」で井上真央さんの相棒を演じるのだから(^^♪

【及川光博さんについて】

1969年10月24日生まれ、47歳。

王子様のようなルックスのため、自分の手は汚さず、要領よく生きるずる賢い役がぴったりの及川さん。

ファンをがっかりさせないために、食べ物に気を遣い、筋トレながら若さをキープしているそうです。美しい先生役が楽しみですね♪

明日の約束キャスト:白洲迅

役:北見雄二郎(きたみゆうじろう)

2年A組担任。正義感溢れる教師。

【白洲迅さんについて】

1992年11月1日生まれ、24歳。

2010年ジュノン・スーパーボーイズコンテストベスト30に残ったことをきっかけに芸能界入り。

2017年ドラマ「クライシス」第1話で、親の権力を利用し、悪びれず罪を繰り返す宇田川圭介を演じ、注目を集めました。

今回は真逆の正義感溢れる教師!イメージアップにつながりそうですね(^◇^)

明日の約束キャスト:手塚理美

役:藍沢尚子(あいざわなおこ)

日向の母親で、日向が幼い頃からヒステリックな言動で縛り付けてきた毒親。

【手塚理美さんについて】

1961年6月7日生まれ、56歳。

1980年台はトレンディドラマに欠かせない女優として活躍。現在は母親役が多く、母性愛あふれる演技が注目を集めている。

今回のドラマ「明日の約束」は毒親。2010年ドラマ「ストロベリーナイト」では竹内結子さん演じる姫川玲子を心配するがゆえに厳しくしばりつけてしまう母親でした。

今回「明日の約束」はその母親とは違う、別の闇を感じさせる母親となりそうで期待が高まります♪

明日の約束キャスト:青柳翔

役:小嶋修平(こじましゅうへい)

自殺した吉岡圭吾について取材するジャーナリスト。

【青柳翔さんについて】

1985年4月12日生まれ、32歳。

2009年より劇団EXILEのメンバーとなった青柳さん。

2011年「私が恋愛できない理由」、2014年「ファーストクラス」などで、冷たさの中に優しさがある男性を演じて注目されました。

「明日の約束」では中立な立場のジャーナリスト。偏りのない目で真実を見つけ出していく演技が楽しみですね。

明日の約束キャスト:遠藤健慎

役:吉岡圭吾(よしおかけいご)

自殺する男子高校生。幼い頃から毒親の真紀子に精神的、肉体的に苦しめられてきた。

【遠藤健慎さんについて】

2000年11月24日生まれ、16歳。

2009年から芸能活動開始。16歳で身長176センチ!今後、ビッグな若手俳優の仲間入りをしそうで注目されています(^◇^)

明日の約束キャスト:神尾佑

役:不明

【神尾佑さんについて】

1970年3月16日生まれ、47歳。

2007年ドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」で石田光男を演じて大注目されました。

アクションが得意な神尾佑さん、「明日の約束」ではどんな役を演じてくれるのか楽しみです。

明日の約束キャスト:羽場裕一

役:不明、学校関係者

【羽場裕一さんについて】

1961年4月1日生まれ、56歳。

1993年ドラマ「誰にも言えない」で賀来千香子さんと共演し、大ブレイク。その後はサスペンスドラマなどで活躍中です。「明日の約束」では学校関係者のようなので、教頭なのかな?

明日の約束キャスト:山口まゆ

役:不明、高校の生徒

【山口まゆさんについて】

2000年11月20日生まれ、16歳。

2014年「昼顔」で吉瀬美智子さんの娘役を演じ、話題となりました。母親に対する屈折した思いを堂々と演じ、大物の風格を感じさせました。

その後も2015年「アイムホーム」、そして2017年「リバース」でも大活躍。「リバース」では男子を思い切りグーパンチする演技がかっこいい!と好評でした。

山口まゆさんは、陰の中でおびえ、素直に生きられない女性を演じるのがとても上手だと思います。「明日の約束」ではどんな演技で魅了してくれるのでしょうか♪

明日の約束キャスト:井頭愛海

役:田所那美(たどころなみ)

霧島先生のクラスの学級委員長。優等生ながら、自殺した圭吾の死の背景を知る?見ていた?感じていた?重要なキーパーソン。

【井頭愛海さんについて】

2001年3月15日生まれ、16歳。

2016年下半期NHK朝ドラ「べっぴんさん」の坂東さくら役で注目を集めました。しかし…さくらという役が視聴者から反感を買い、少しイメージダウンしたと言われています( 一一)

今回の「明日の約束」では、圭吾の死の真相を知りつつも、自分の胸の中にしまい込む内向的な高校生を演じます。

「明日の約束」での好演がイメージアップにつながるといいな♪

明日の約束の見どころ

明日の約束で見どころとなるのは、今のところ2つあります。

追い詰められる教師VSモンスターペアレント

自殺した男子生徒について、追い詰められる教師たちとモンスターペアレントの母親の闘いが見どころになりそうです。

今、日本中でモンスターペアレントが増えていると言われています。そのことが原因で教師もうつになったり休職したりと問題山積。

モンスターペアレント側の気持ち、そして追い詰められる教師たちの気持ちもじっくり見ていきたいですね。教育現場で働く側の裏側も観察できたらと思います。

マスコミの報道の在り方

現在、マスコミに報道の在り方が問われていますね。昨今のモリカケ問題でも「報道しない自由」と謳ったマスコミの姿に唖然とした方も多いのでは?

情報過多の日本、今後は情報を受け取る側の姿勢も大きく問われることになりそうです。情報は受け身ではなく、自分で取りに行く時代に突入しています♪

「明日の約束」で、マスコミの陰の部分をどこまで描くのか、フジテレビさんの制作に対する思いが注目されています。

明日の約束の原作は本当にあった事件だった!!

明日の約束の原作は『モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ殺人事件」教師たちの戦い』

明日の約束の原作はノンフィクション!!本当にあった事件がモデルとなっていて、その事件は丸子実業高校のバレー部で起きたものになります。

明日の約束の原作となった丸子実業高校の事件とはいったいどういったものなのか!!

丸子実業高校バレーボール部員自殺事件とは?

2005年12月6日、長野県にある丸子実業高等学校(現:丸子修学館高等学校)に通っていた、当時高校1年生の男子生徒が自宅で自殺。

生徒の母親が、自殺の原因はバレーボール部内でのいじめとし、部員、その両親、学校長、長野県を相手取り、1億3000万円の損害賠償を求め提訴。

しかし、部員たちが男性生徒の母親から精神的苦痛を受けたと逆提訴し、母親が損害賠償を支払うよう命じられました。

いじめの原因は学校ではなく、母親にあったという事件。母親が虚偽の内容をマスコミに吹聴したため、事実が捻じ曲げられ、学校側が一方的に悪とされたのです。

裁判では逆転勝訴したものの、日本中から非難された部員たち、学校関係者の心の傷は一生消えることはないと思います。

マスコミがきちんと取材し、正しい情報を報道することは当然なのですが、、、

今は情報を自分で選ぶ時代。情報を得る側も責任を持つ時代になったように感じます。

モンスターマザーの原作を実際読んだ人の感想

今回は実際に読んだ人に2つの質問をしてみました。

①この本を読んで考えさせられたことは?
②この本の見どころを教えてください。

52歳男性:IT関連会社勤務

Q:この本を読んで考えさせられたことは?

A:シングルマザーという世間一般では弱者と認識されている立場の人間が、実はとんでもない悪党だったという事実。

世間のステロタイプなものの見方に基づく擁護の風潮を逆手にとって、弱者を装って責任を逃れるだけでなく、他者から時間や金を搾取するということが、実際に行われているという事実に愕然とした。

Q:この本の見どころを教えてください。

A:毒親に負けることなく、教師、弁護士、周囲の保護者が闘いつづける姿には感動した。頭の中が空っぽの人たちは「話せばわかる」とよくいいますが、話合いができないという人間は現存する。

綺麗ごとでは済まされない現実に立ち向かい続けた彼らには敬意を表する。

42歳女性:専業主婦

Q:この本を読んで考えさせられたことは?

A:簡単に言えば母親が悪いのかもしれないと思われがちだが、母親自身ももしかしたら被害者なのかもしれない。母親のSOSだったのかもしれない。

早くに気づけなかった社会、学校、何が原因で子供を追いつめたのか、自分自身も子を持つ親なので、親子間、社会、学校との関わりこれから子供に対する接し方を考えさせられた。

Q:この本の見どころを教えてください。

A:最も被害者である子供を自殺に追い込んだのは果たして誰なのか。モンスターマザーといわれてもおかしくない母親の人格、こういう人が世の中にいるということ、どう対処していくことが賢明なのか。

子を持つ親としては避けては通れない道なのかもしれない。誰でも被害者になりうること、誰を信じていいのか分からない。

明日の約束のキャストのコメント

井上真央さんのコメント

親子の関係をじっくりと描けるような作品をやってみたいと思っていたので、お話を聞いた時は嬉しい気持ちと同時に、繊細で難しいテーマを扱うことへの責任を感じました。時代を象徴させるような学校の問題と、親子関係という普遍的なテーマを元に、同じような悩みを抱える方たちにそっと寄り添えるような作品にしていきたいです。

仲間由紀恵さんのコメント

「井上真央さんとは、今回が初共演です。自分の親に対するトラウマ(心的外傷)を抱えながらも、子どもたちの心の中に入っていくという難しい役どころ。井上さんの持つ優しさ、強さで、この作品を包み込んでくれるのではないかなと、今から撮影が楽しみです」

及川光博さんのコメント

現代社会に息苦しさを感じている人にこそ観ていただきたい。希望の光をさがす物語だと思います。

工藤阿須賀さんのコメント

井上真央さん演じる日向の恋人役として、どう絡んで、どう変化していくのか楽しみです。学校のシーンとはまた違う、2人の展開にも注目していただけたらうれしいです

プロデューサー・河西秀幸(カンテレ)コメント

このストーリーは単なる“犯人探し”ではありません。視聴者にも色々な問いかけをしていきます。実は、もしかしたら誰にでも明日、起きるかもしれない身近な話だからです。

日向はとっても前向きで、家族などの人間関係に悩む生徒に対しては「第三者として」冷静にアドバイスをします。しかし、“毒親”ともいえる自分の母親には、毅然(きぜん)とした態度を取りきれないという矛盾を抱えています。難しい役ですが、人の繊細な心情を巧みに演じてこられた井上さんならば、たくさんの視聴者に共感して頂けると思います。

生徒の死の謎が解明されていくミステリーを楽しんで頂きながら、複雑な親子関係の身に染みるような話にご期待下さい。

明日の約束の公式Twitter情報!!

https://twitter.com/yakusokuktv/status/905964784633253888

https://twitter.com/kantele/status/905928306633056256

https://twitter.com/yakusokuktv/status/905796079114870785

最後に

今回は明日の約束のあらすじ、キャスト、原作などなど今ある情報をまとめました。

井上真央ちゃんが主人公ということで注目されていましたが、仲間由紀恵さんなど他も豪華キャストが集まってさらに期待が高まっていますね。

どんなドラマになっていくのか楽しみです♪

以上、

【明日の約束】キャスト・相関図・あらすじをいちはやくお届け!女優・井上真央が帰ってくる!

をお伝えしました。