「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」映画声優キャストは誰?

2017年8月18日に公開される映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」。インパクトのあるタイトルに聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^)

あの岩井俊二監督の出世作となった映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がアニメ映画として現代に蘇りました。

さらに歴史的大ヒットとなった映画「君の名は。」の川村元気によるプロデューサーということで、公開前から注目が集まっている作品です。

今回は、そんな「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」アニメ映画の声優キャストは誰なのかを検証していきたいと思います。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の概要やあらすじ、映画を楽しみに待つファンの声もあわせてお届けしますので、どうぞお付き合い下さいね(^^)/

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」とは?


先にも述べたとおり、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は「スワロウテイル」「Love Letter」で名の知れる、岩井俊二監督が手がけた作品をアニメ化したものです。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、1993年にフジテレビで放送されたオムニバス形式のドラマシリーズ「ifもしも」の一作品として放送されました。

そして1995年にオープニングなどをカットして再構成されたものを、1995年に映画として劇場公開されたのです。

実写版でのキャストは奥菜恵さんや、当時は子役だった山崎裕太さんと時代を感じさせるキャスティングです。

20年の時を経て新たな作品として生まれ変わった「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」ですが、声優キャストは誰なのか、ストーリーはどのようになっているのか映画を見る前からわくわくしてしまいますね(*^^*)

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のあらすじ


ある海辺の町の中学校では、夏休みの花火大会を前に「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか、平べったいのか」という話題で盛り上がっていました。

そんなクラスメイトたちをよそに、なずなは両親が離婚し母親が再婚するために夏休み明けには転校が決まっており、そんな母親から逃れたいと考えていました。

なずなは自分に想いを寄せる典道に一緒に“駆け落ち”しようと誘い出します。

しかし、計画は失敗し母親に連れ戻されてしまいます。その様子を見ているだけで何もできなかった典道。

「もしも、あのとき俺が・・・」となずなを救えなかったもどかしさに、なずなが海で拾った不思議な玉を投げつけました。

すると、なぜか連れ戻される前まで時間が巻き戻っていたのです―

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」をひと言でざっくり表現するならば“少年と少女による淡い恋と繰り返される夏の一日”というタイムリープを用いた物語。

王道ともいえるタイムリープをテーマに描かれていますが、脚本は「モテキ」「バクマン。」を手がけた大根仁。

さらに監督は「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズの新房昭之と超豪華な制作陣により、アニメならではのオリジナルな展開が期待されます!

↓↓「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の予告動画はコチラ!!↓↓

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がどのような映画なのか分かったところで、次の項目で声優キャストが誰なのか検証していきましょう(^^)/

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」アニメ映画の声優キャストは誰?

では、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」アニメ映画の声優キャストは誰がどの役を担当しているのでしょうか?

公式で発表されている情報を参考にまとめてみました(^^)

及川なずな/広瀬すず


中学1年生のなずなはクラスメイトの憧れの存在。複雑な家庭環境で育ち、どこか不思議な雰囲気を漂わせている少女。

少し影のあるヒロイン・なずなを演じるのは広瀬すずさん。

1998年6月19日生まれの19歳。AB型。

2012年に雑誌「Seventeen」のオーディションでグランプリに選ばれ専属モデルに。翌年の2013年には、ドラマ「幽かな彼女」で女優デビュー。

2015年には映画「海街diary」で演技力が高く評価され、数々の映画賞で新人賞を総なめにした期待の女優さんです(^^)

アニメの声優キャストを務めるのは2015年の映画「バケモノの子」のヒロイン・楓役に続いて2回目ということで、なずなの役どころに期待がかかります。

島田典道/菅田将暉


なずなに片想いしているクラスメイト。しかし周囲にはその気持ちを隠している、少し不器用な少年。

友人の祐介に、誠実な少年と思われている典道を演じる菅田将暉さん。

1993年2月21日生まれの24歳。A型。

菅田将暉さんは2009年に「仮面ライダーW」でシリーズ最年少で主人公・フィリップとして、連ドラ初出演&初デビューを飾りました。

2013年には映画「共食い」で日本アカデミー賞新人俳優賞にノミネートされ、その演技力が評価されています。

2017年の映画「キセキ―あの日のソビト―」で主演を務め、さらにグリーンボーイズとしてCDデビュー。また、auのCMソングでソロデビューも果たし多才ぶりを見せています。

念願のアニメの吹き替えに初挑戦ということで、とても意欲的に挑まれたそうですよ♪

安曇祐介/宮野真守


なずなと典道のクラスメイトで父は医者。幼なじみである典道になずなに告白することを宣言します。

なずなに片想いをしていて典道の恋のライバルでもある祐介の声優キャストには宮野真守さん。

1983年6月8日生まれの34歳。B型。

「マモ」、「マモちゃん」の愛称で親しまれる宮野さんはテレビや映画のアニメや吹き替えの声優キャスト以外にも歌手、舞台など幅広く活躍されています。

2016年の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」では主人公・ニュート・スキャマンダーの吹き替えを担当。

2017年の「シング」の日本語吹き替え版ではヒツジのエディカタツムリのレイ役と、なんと二役もこなしています!

歌とともにダンスやモノマネも得意で、ラジオ番組やイベントなどで披露されることもあるそうですよ(^^)

なずなの母/松たか子


恋愛に奔放な性格で三度目の結婚をきっかけに、なずなを転校させることに。駆け落ちしようとするなずなを連れ戻します。

自分自身も駆け落ちの経験者である、なずなの母親役には松たか子さん!

1977年6月10日生まれの40歳。A型。

歌舞伎俳優の父と兄、ミュージシャンの夫と芸能一家である松たか子さん。先日5年ぶりの主演を果たしたTBSの連ドラ「カルテット」では謎の多いバイオリニストを好演。

また女優だけでなく歌手としても活動しており、その歌唱力はもう皆さんよくご存知ですよね(^^)

長編アニメーション映画の声優キャストに選ばれるのは2006年の「ブレイブストーリー」、2014年のディズニー映画「アナと雪の女王」についで3度目です。

メインとなる人物を主にまとめましたがこの他にも、なずなたちのクラスメイトに浅沼晋太郎さん、豊永利行さん、梶裕貴さんが担当されています。

また、なずな、典道、祐介たちのクラスの担任の三浦先生は花澤香菜さんと、とっても贅沢な仕上がりとなっていますよ(^o^)

メインキャストから脇役キャラまで豪華なキャストが顔を揃えています!声優キャストをはじめ制作スタッフまで、人気実力派揃いで今から公開が待ち遠しいですね!!

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」映画を楽しみに待つファンの声

最後に、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の映画公開を楽しみに待つ映画ファンの声をまとめてみました(^^)

https://twitter.com/myosotcat/status/888016412429570049

予告動画を見ただけでもうゾクゾクしてしまいます。公開日を楽しみに待ちましょう(≧▽≦)

以上、

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」映画声優キャストは誰?

をお伝えしました。