【リバース】刺した犯人は左利き!!まさかの実行犯!!

最近、主演映画の宣伝で忙しい藤原竜也の春ドラマ「リバース」も、9話が終わりました。次の最終回に向けて、サクサクっと事件が解決していきましたね。

ジャーナリストの小笠原が刺された事件も無事解決しました!いろいろ推理していましたので、結果発表とともに読んでいただけたら嬉しいです。

【リバース】犯人は左利き!!

リバース8話のラストで、元長野県の刑事、今はフリージャーナリストである小笠原(武田鉄矢)が刺されてしまいました。

場所は深瀬のアパートの前なので、原付で逃げる犯人をちょうど帰宅してきた深瀬(藤原竜也)が目撃していましたね。

犯人は一体誰なんでしょう?特徴は左利き!左手で刃物を持ち、小笠原を刺していたんです。左利き・・左利き。ちょっと思いつかないので、ネットで調べてみたところ、いたみたいです!

<左利きの登場人物>
・ 10年前に事故死した広沢(小池徹平)
・ 村井明正の第一秘書の甲野(山崎銀之丞)

広沢が実は生きていて、そのままそっとしてほしいのに、詮索する小笠原が邪魔で刺した――。なんてことは、、、まぁないですよね。

争いを好まなかった広沢が、人を刺すとは思えないです。

という事は、村井(三浦貴大)の父親で政治家・村井明正の第一秘書の甲野はどうでしょうか。常に冷静沈着な判断の持ち主で、色んなトラブルを対処してきた人物みたいです。

甲野、、、怪しいですね。村井の関係している10年前の事件を蒸し返している小笠原が邪魔で、対処したとも考えられますよね。

【リバース】犯人は左利き!!他にもヒントがあった!!

小笠原を刺した犯人が左利きという以外にも、ヒントがあったみたいです。それは犯人が運転していた原付のナンバープレートが30という事。

この“30”という数字は、他にも使われているんです。

広沢の事故現場で谷原が見つけたてんとう虫のキーホルダーが“30”と書いてありました。しかし、広沢が道の駅で買っていたものとは違ったようです。

このてんとう虫キーホルダーは、長野のNPO法人が作った限定品で、創立30周年を記念して、100個ぐらい生産されたようです。

広沢の事故の発見者の浅見、谷原、広沢本人のキーホルダーではないことがわかった小笠原は「ここからは俺に任せてくれ。少々荒っぽいことになりそうだ」と言っていました。

小笠原が刺されたのは、このキーホルダーを落とした人物を見つけそうだったから??

それにしても、谷原の草野球での背番号も“30”なんです。この“30”のつながりは何か関係があるんでしょうか?

それとも、ただ単にリバーススタッフの遊び心なんでしょうか?

そして、もう一つの犯人のヒントは、フルフェイスのヘルメットとパーカーの間から見える、襟足部分、、、ワイシャツ着てるみたいです。

命令されてかもしれませんが、いつもスーツ姿で、左利きで、動機もある甲野が犯人なんじゃないでしょうか。

【リバース】犯人は左利き!!まさかの実行犯!

リバース8話で小笠原を刺したのか誰か――。と、いろいろ推理していましたが、まさかの結果でした!

犯人はやはり、甲野役の山崎銀之丞さんでした!

やっぱそうだよねーという感じなんですが、リバースのドラマの画像を検証して、犯人は甲野だと思っていたんですが、実行犯はただの雇われチンピラでした(>_<)

お金で雇われた男だったみたいですね。

リバーススタッフさん、皆が推理すると思って、犯人は甲野だよ!って、ヒントを出していたんですかね。それとも推理上、甲野に結び付いたのは偶然??

どちらかわかりませんが、甲野は議員の村井明正の為にした事ではなく、自分の為。命令された訳じゃなかったです。

将来は息子の村井より、自分の方が政治家に向いていると後釜を狙っていた甲野。10年前の事件をほじくりかえされて、悪いイメージが付くことが嫌だったみたいです。

優秀な秘書の本性が現れた瞬間でした。

「リバース」ドラマは、その後にも話は続き、原作「リバース」の結末を迎えましたよ!深瀬、、、ラストで自分が犯人と知る、、、。

原作の「リバース」を調べたので、結果は知っていましたが、やはり深瀬が可哀そうですね( ;∀;)

次の「リバース」最終回は原作にも載っていないその後です。てんとう虫のキーホルダーも誰のものかわかるかもしれません。

そして、少しでも深瀬が救われる最終回を期待しています。

以上、【リバース】犯人は左利き!!まさかの実行犯!!をお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。